タイ、パタヤでのロングステイ支援プロジェクト

チップ

チップ

タイのお札

タイでは、おそらくほぼ完全にチップ制度が確立されていると言っていいでしょう。
サービス内容や、相手やこちら側の格に応じてチップの額も変動しますが、日本人にとっては、簡単なようで難しいのが現状です。

欧米人のようにスマートに、TPOに合わせて渡すのが苦手です。
ガイドブックなどにも相場が書かれていますが、現実とはかけ離れていることもしばしば。。。
ここでは、現在のパタヤでのチップの相場とTPOを考えてみたいと思います。

  • 何か簡単なことを頼んだ時やルームサービスのウェイター、メイド、ベルボーイが荷物を運んでくれた時=20~40バーツ。
  • プライベートタクシードライバー。何も問題なく目的地に到着した時には100~200バーツ。メータータクシーには必要ありませんが、つり銭をそのままチップとしてあげるといいでしょう。なかには、細かいお金がないと言ってわざとお釣りを渡さない輩もいます。
  • マッサージ師には50~100バーツ。できれば100バーツが好ましい。
  • ホテルレストランではサービスチャージが加算されているので、その必要はないかと思いますが、気分よく食事ができたと思ったら係りの給仕に100~200バーツほどあげるといいでしょう。また来る機会があった時に、あなたの顔を覚えていてサービスが違うでしょう。
    但し、そのレストランの係りの人にだけあげてください。誰かれなく配りまくるのはいただけません。品位が落ちます。
  • バーなどでリクエストした曲を演奏してもらった時=最低50バーツ。
  • 一人100バーツ以上のレストランでは、20~100バーツ。あるいは、つり銭がその金額に近ければそのまま置いてきましょう。
  • 美容院などで指名した場合には、50バーツ~100バーツ。
  • 屋台などでは必要ありません。
  • カラオケやソープでのチップは、ご自由に。でも、横に座って相手をしてくれた女の子には、(連れ出さない場合)最低でも500バーツはあげてください。

担当官や何か特別に手配をしてもらった場合に手渡すお金のことを、”カーナーム”と言います。(お客さんを観光に案内して、業者側から出るコミッションのこともそう言う)
アンダーマネー、袖の下と取られる場合もありますが。
日本語で言うと、お菓子代とでも表現するとわかりやすいでしょうか。
実際、直訳すると”お水代”です。

役所などでは、金銭よりもお菓子などを持参して差し上げることもタイ人はよくやっています。
そうすることによって用事が早く、スムースに進みます。次からも手早い対応が期待できます。
使用する場所は、役所、移民局、警察などが多いでしょう。(公務員)
さりげなく、目立たないように、他の同僚にわからないように書類の下などにすっと差し入れて渡してあげることです。
ビデオカメラなどにも映っているかもしれません。彼らが取り良いように渡してください。

内容にもよりますが、最低でも500バーツ~です。100バーツ以下は間違っても渡してはいけません。それなら、渡さない方がいいです。あるいはお菓子や果物を下げていきましょう。
ちょっと込み入った時には最低でも1000バーツ以上は渡しましょう。

但し、必ず渡さないといけないというのではありません。
たとえば、婚姻届を出す時に書類不足で手間取らせたが、そこをうまく取り計らってくれたとか、明日出来る書類のはずが、今日中に仕上げてくれたとかーの場合です。常に渡さないといけないと言っているのではありません。特別に何かをしてもらう時ーと考えればいいでしょう。
それと、その分野での仕事をしていて、その人に何度もお願いする場合ーなどです。

因みに、交通違反で捕まったときなどは、タイミングよく他から見えないように100バーツ渡します。タイ人と一緒なら、そのタイ人に40バーツ位手渡してもらいます。キップを切られる前に渡します。切られてしまってからでは手遅れです。


タイ人は”ケチ”を酷く嫌います。何も好かれようとして、お金を配りまくることはないのですが、日本人の細かさは彼らにとって異様に映っています。ー清算の時の支払いのやりとり(私に払わしてくれ、いやここは私がーといったやりとり)や、割り勘時のお金の出し入れなど。ー
タイ人は誰か一人がまとめて先に払ってしまいます。
おつりをチップとして置いて行くとかして、お店の勘定を済ませた後で割り勘分を精算しましょう。とても恥ずかしいです。

特にチップをあげる時に、こんなだといけません。
スピード感が大切です。
細かいのがないのなら、大きいお札でも構いません。コインや足りないチップは同行の人も恥ずかしい思いをします。チップが多すぎても恥ずかしい思いをすることはありません。場違いな、その場所に相応しい金額かどうかをよく考えてからあげてください。(多すぎるのではないかと心配することはないです。)

たかがチップ、されどチップです。
まわりには、あなたのあげたその金額が知れ渡っています。もう二度とそのお店に行かないなら別ですが、行く可能性が大なら、チップはあげた方が良し!です。
彼らは、気前の良い人をとてもよく覚えています。少しの金額で、気分の良い時間を過ごせることはとても大事だと思います。
私たちはタイに住ませていただいているーという謙虚な気持ちも大切です。

何か粗相をしたので、チップの額を減らしても彼らタイ人には通じません。何をしたのか彼らには理解できていないからです。
ただ、”あの人はケチになった。”と解釈されるだけです。
そして、チップはその場であげるようにしましょう。細かいのがなかったから、あとで(最終日に)まとめてあげようと思ったのにーとかいうのは駄目です。

それと、間違ってもコインを渡さないことです。
たとえ20バーツ札がなくても、1バーツコインで20枚というのはいただけません。
よくアドバイスするのですが、セブンやスーパー等に行った時には、なるべく大きいお札を出してお釣りをもらうようにしましょう。
タイでは小銭があったほうが便利です。
とは言え、一軒の店で、あちこちばら撒くのはいただけません。
あくまでもスマートに、自分にサービスしてくれた人にあげてください。

戻る


認証コード(3065)

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional